ハゲ婚活体験記!だいぶ髪の毛も生えて自信も取り戻しつつあるので思い切って婚活してみようと思う。

禿婚SNS

follow

6年かけて何とか毛根と自信を取り戻しつつあった頃、友人から婚活パーティーに誘われました。
大分人目も気にしなくなってきたし、確かのそろそろ寂しいのもあったので勇気を出してみようか。。

このままただただ独りで歳を重ねるのなら、お金と時間を使って髪の毛を復活させた意味も無いような気がしたので参戦を決意しました。。

スポンサーリンク

初めての婚活パーティー

2016年4月、まだ桜が咲いている頃、埼玉寄りの都内で開催された婚活パーティーに参戦しました。
予約などは全て友人任せ、僕はただついて行っただけです。
若ハゲはかなりマシになったとはいえ、自分的にはまだ完治とは言えない状況でしたので、帽子をかぶらず異性の前に出ることに恐怖心の様なものがありました。
女性とマンツーで、しかも交際をするためにアピールするなんて相当久しぶりでしたし、必要以上にビビっていました。

フリータイム無し

会場に着いてみると計30人ほどの男女が既に集まっていました。
立食形式の丸テーブルがいくつかあるだけで思ったより殺風景。
レンタルスペース的な場所なんでしょうね。
あまりキョロキョロするなと言われていましたが緊張しすぎてキョロキョロしまくっていたと思います。

司会の人が出てきて簡単な挨拶のあとパーティーの流れの説明を聞いてビックリ。
主催する会社の売りでもあるらしいのですが、皆が平等にアピールできるようにフリートークタイムは無く、常に各テーブルでマンツーマンでのトークになるとの事。
婚活パーティーはテレビなどで見た事がありましたのでイメージではマンツートークのあとフリートーク的な流れなのかと思っていました。
フリータイムを楽しみにしていたわけじゃなく、むしろ一番の不安よそでしたのでホッとしてしまいましたw

持ち時間10分のトークタイム

飲み物を受け取り女性は各テーブルに一人ずつ案内されました。
男性も一人ずつ指示のあったテーブルに向かいトークタイムスタートです。
持ち時間は10分。時間になると司会の人がマイクで知らせてくれて男性が次のテーブルに移ります。

この10分が微妙に難しかったですね。
いらない話をしているとあっという間に終わっちゃうし、聞きたいことを質問ばかりしていると硬いまま終わっちゃうし。
2週目もあるのかなーなんて思ってたんですが無いらしい。。
もう少し話したいなーと思った女性がいたんですが戻れない。。
10分で自分を伝え、相手を知り、楽しんでもらい、また話したいと思ってもらうのってめちゃくちゃ難しいですね。
少なくとも恋愛にブランクのある僕にはハードル高かったです。

緊張の成立カップル発表

今回は男性14名、女性13名でしたので全員が1週回ったころ既に2時間半ほど経っていました。
そりゃ2週目はないですねw
いよいよ緊張のカップル集計です。
各自第1から第2まで「また会ってお話ししたい」と思えた相手の番号を記入して係りの人に渡しました。
記入用紙には、「カップルとして成立しなくても相手に連絡先を渡しますか?」というチェック項目がありチェックするとダメ元で電話番号を渡せるので一応チェックは入れましたw

10分ほどの集計タイムのあと司会の人の登場です。
今回は4組の成立との事。
思ったより少ない。。こんなものなのか。。
一人で不安そうにしていると友人が近づいてきて一言「一回目から上手くいくと思ってんの?」
確かに。。
何だかいつの間にか僕の中で婚活パーティーの趣旨が変わり、受験かのようにカップル成立しなければダメなんだと思ってしまっていました。

司会の人が成立カップルの番号を言っていきます。
残念ながら僕の番号は呼ばれませんでした。(友人も)
しかしダメ元チェックを入れたのでもしかしたらとい淡い期待もあります。
お二人ほどですがダメ元チェックで逆に電話番号をいただくことは出来ました。

10分という短い時間で僕に興味を持ってくれたかたが二名もいただけで満足です。
またまた趣旨が変わってしまっている気もしますが。

反省会

婚活パーティー終了後、友人と反省会という名の居酒屋巡りをおこないました。
友人は月一程度で色々な婚活パーティーに参加しているらしく、既に趣味の域に達しているそうです。
トーク術などアドバイスをもらい次回も一緒に参戦させてもらえるようお願いしました。
この時から友人の事を先生と呼んでいますw
せっかく髪の毛という名の自信を取り戻しつつあるので婚活頑張ってみよと思います!

まとめ

今回は初めて参加した婚活パーティーの話でしたが、実は4月以降かなりのペースで婚活パーティーに参戦しています。
パーティーの話やその後のデートの話など、ゆっくりですがブログにしますのでお暇なときに見てやって下さい。