ハゲ薄毛の都市伝説

禿婚SNS

follow

ハゲについては昔から迷信的な事など色々言われていますが、本当の事もあれば間違いもあると思います。ネット上などでも嘘や噂が交錯していますので、嘘と本当を見極める目を持って、何でもかんでも信じすぎないようにしましょう。

ハゲだけの話しじゃないですけどね。

スポンサーリンク

ハゲの嘘

嘘というか根拠が無いって事ですが結構多いんですよね。誰が言い始めた事なのかわかりませんが迷信に近いですね。

白髪は禿げない

白髪の人はハゲないというのは間違いです。僕の友達に白髪で若ハゲいます。

毛根には“毛をつくる毛母細胞”と“黒色の色素をつくるメラニン細胞”とが別々にあり、前者がダメになればハゲに、後者がダメになれば白髪になるのですが、両方がダメになってはげになる場合も当然あります。

ワカメ・昆布を食べるとハゲない

ワカメ、コンブなどの海藻類を食べればハゲないってかなり昔から聞きます。小学生の時ネタにして薄毛の先生いじって遊んでましたもん。

しかし、実際には何の根拠もありません。「これさえ食べていればハゲない」「禿を治す」という食物はないのです。残ねん。。

ただ、海藻類はミネラル成分が豊富で、体に良い食べ物なので、髪を含めた全身の健康維持のためには他の食物同様にバランス良く摂ることをお勧めします。

毛深い人はハゲる

毛深い人ほどハゲるってのは男性ホルモンの関係で有りえそうに思いますが、はっきりと関連性があるとは言い切れません。
頭髪をつかさどるのは女性ホルモンです。それ以外の体毛は男性ホルモンの働きによります。両方のホルモン分泌量が多い人は、髪も体毛も濃くなるので、かならずしも「毛深いからハゲる」ということにはなりません。

ちなみに、男性ホルモン(テストステロン)は髭や胸毛など体毛の成長を促進しますが、頭髪にとっては成長を止める作用があります。毛根の毛母細胞でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、毛根細胞を萎縮させるため、髪の毛の成長は止まり早く抜け落ちてしまいます。

ハゲは遺伝なので予防は無理

ハゲは遺伝なので予防は無理というのは間違いです。確かにハゲは遺伝的要素が強いですが、生活習慣の見直しや、頭皮の手入れ次第で進行を予防したり遅らせることが可能です。

逆に、親や親戚がハゲていなくても、不規則な生活、極度なストレス、喫煙、暴飲暴食、間違ったヘアケアなどの状況を繰り返しているとハゲる可能性は高まります

ハゲの本当

こちらはあながち間違いではないって噂です。

若ハゲの方が治りやすい

若ハゲの方が治りやすいというのは傾向としてあるようです。専門医師によると男女ともに個人差はあるものの、若年者の方がハゲ治療の効果が早く得られる場合が多いと言われています。高齢者の場合は加齢の進行も当然あるので、ハゲ治療と加齢現象の競争になる・・・のではないでしょうか。

しかし、普通に元気な人であれば、 60歳を過ぎていても驚くような効果が出る人もいるようです。どちらにしろハゲ治療は、スタート時点の状態と年齢によって、効果が得られるまでの時間に差がでます。

治療は早い方が良いのは間違いない事実です!

帽子・メットはハゲる

ヘルメットをかぶるとハゲなるというのは確実な事ではありませんが、ハゲになる可能性は高まります。日常的にヘルメットをかぶっていると、汗で地肌がむれて真菌(カビ)が繁殖しやすい状況になり、毛穴に炎症を起こしやすくなります。

この炎症がハゲの原因になることはあるので、髪のことを考えるとヘルメットはあまりよくないかもしれません。しかし仕事上必要な場合は被らないわけにはいかないので、対策としては、できるだけヘルメットをかぶる時間を短くし、洗髪をキチンと行い頭皮を清潔にすることです。特に夏場は意識して頭皮を清潔に保ちましょう。

整髪料はハゲる

整髪料を使うとハゲやすいというより、使用法を誤ると髪や頭皮に良くない刺激になることはあります。
身だしなみとして毎日使う方も多いワックスやヘアスプレーですが、頭皮に直接ついてしまうと毛穴を詰まらせ頭皮の健康に最悪です。

正しく使って寝る前にはきちんと洗い流し、頭皮の負担とならないようにしましょう。

まとめ

ざっくり書き出してみましたが、他にもまだまだ噂や迷信はあると思います。ステマとかもありますし、情報の真偽を確かめる確かな目が必要になるんじゃないでしょうか。
信じる前に調べる癖をつけた方がいいですね。僕も気を付けます!

他にも真偽の怪しい噂などを見つけたら随時加筆していこうと思います。